低資金で事業を立ち上げたいならフランチャイズがお勧め

介護事業を始めるなら

さくら介護グループは、手厚い開業サポートで介護サービスのフランチャイズパートナーを支援しています。それは、事業者への経営ノウハウの提供と研修から始まります。そして、人材確保の向けた支援と、現場責任者に対する実技・マナー研修など、多岐にわたるサポートを展開します。

新規参入に手厚いサポート

介護24の加盟料は18万円、月々のロイヤリティは不要です。安い費用で加盟できますが、サポート体制は整っています。都道府県への許可の申請や利用者や国保連への請求計算など煩雑な事務は介護24がしてくれるので、事務員を雇う必要がありません。安定して経営できるよう営業サポートなども行っています。

開業しやすい形態

通帳とお金

資金面の補助も行っている

自分の店を開業させることを夢見ている人や、目標にしている人は数多くいます。飲食店や、雑貨店など店の種類も様々です。しかしどの形態の店を出すにしても、コストがかかります。店を開業できるだけの資金は最低限準備しなければなりません。そのために必要な資金は高額なのです。しかし低資金で開業することができるサービスがあります。フランチャイズです。大手のチェーン店で利用されている方法です。看板を貸してもらい販売活動を実施し、その見返りにロイヤリティを毎月支払うのがフランチャイズ契約になっています。飲食店に最も多い形態なのですが、販売店や塾などでも展開されています。フランチャイズは名の知れた認知度の高い形態で事業を行う事ができるため、集客に苦労しない特徴があります。出店する場所やその費用なども本部が面倒を見てくれる場合があるのです。もちろん毎月のロイヤリティで支払う必要があるのですが、開業時にまとまった資金を準備できない低資金の状態でも満足に開業することができるのが特徴になっています。低資金で開業することができるため、多くの人がフランチャイズ形態を利用しています。しかし経営センスは確実に問われるため、低資金でもしっかり事前の準備をしておかないと経営に悩ませられることになります。看板の効果は高く、集客も出いますが、一定の売上に満たないと、指導が入るなどのペナルティもあるため注意が必要になります。そのような事態にならないためにも、しっかり経営について勉強しておき、フランチャイズの加盟も検討してみるとよいでしょう。

経営強化に役立ちます

今では多くの店舗でPOSレジが使われています。商品データや顧客データをまとめ、今後の経営戦略に役立てる事が出来るでしょう。何がどれだけ売れているのかはリアルタイムで把握する事が出来るので、経営者にとってもメリットが多いです。

おすすめリンク

  • 開業したい方へ 優良介護フランチャイズランキング

    介護24が提供しているサービスについて詳しく知りたいなら、サイトをチェックしませんか?有益な情報が沢山紹介されていますよ。