低資金で事業を立ち上げたいならフランチャイズがお勧め

介護事業を始めるなら

手

手厚い開業支援

さくら介護グループは、フランチャイズ式の介護事業を展開しています。フランチャイズ式の介護は、サービスの均質化と運営コスト削減を可能にします。そこで、さくら介護グループでは、さまざまな開業支援制度を導入してフランチャイズパートナーの募集を実施しています。ここでは、その具体的な支援内容を紹介します。まず、事業を開始するにあたっては、10年先を見据えた長期的な経営スパンと地域に貢献できるプランを練り上げます。そして、さくら介護グループが持つ経営ノウハウに則って、人的コストと時間的コストを最小限に抑えられる介護施設の立ち上げを目指します。また、事業主の経営力の強化するために、管理者・責任者向けの研修を行います。ここでは、実地指導によるマネジメント研修のほか、法律対策の説明もあります。そのほか、グループディスカッションや事例研究で、事業主同士の横のつながりも築いていきます。さらに、開業にあたって最も困難とされる、人材の募集に関しても強力な支援体制を整えています。さくら介護グループが持つ全国的な情報網によって、有力な求人を探し出して紹介します。よって、必要な人材を確実に確保可能できます。そのうえ、現業員向けの研修として、現場責任者・幹部候補生向けの研修も用意しています。この研修では、介護保険法を1から学ぶとともに、実技の指導も実施します。同時に、接客マナー講座も設けているため、介護者としてはもちろん、社会人として必要な知識と所作を身につけられます。