低資金で事業を立ち上げたいならフランチャイズがお勧め

新規参入に手厚いサポート

おじいちゃん

ロイヤリティ不要

在宅介護を受ける人が増えている中、訪問介護サービスは大勢の人に求められているだけではなく成長も見込める事業です。訪問介護事業を始める時に頼りになるのが介護24です。介護事業のフランチャイズは数多くありますが、介護24は加盟金が18万円と低額な上、毎月支払うロイヤリティが必要ありません。ロイヤリティ不要は業界初です。低額でもサポート体制はしっかり整っています。介護事業に新規に参入したいと考えている企業や、今まで介護に従事していて自分でも事業所を立ち上げたいと考えている人、田舎で訪問介護を行っているところが少ないので自分で始めようとする人など様々な状況に応じたサポートを行っています。訪問介護事業を始める場合にはまず都道府県に許可をもらわなくてはいけませんが、介護24では許可に必要な煩雑な事務作業を代わりに行ってくれます。また開業したら毎月利用者への請求計算処理や国保連への請求金額を計算するのは、全て介護24でやってもらえます。事務処理に人を雇う必要がないため人件費節減につながります。雇っているヘルパーからの業務報告なども携帯やパソコンから出来るようなシステムが構築されているので、ヘルパーが訪問先から直接家に帰ることができるようになっています。訪問介護は毎月の利用者が10〜15人程度になると、人件費や家賃を差し引いた利益が30万〜40万円になります。介護24では1事業所で30人程度の利用者がいて安定経営できるよう、営業活動のサポートも行っています。